なんと新機能搭載! たむたむすーるver.5.03、らぶデスFINAL!ver.1.03

    TEATIMEが解散してしまったので、らぶデスFINAL!及びたむたむすーるの残りの不具合修正をしてもらえるのかどうか心配してたのですが、昨日(9/21)最新パッチが配布されました。なんと意外なことに、バグ修正だけでなくいくつかの新機能も搭載され、非常に充実したアップデートになっています。これは嬉しいです。グッジョブ! では、今回追加された新機能を簡単に紹介してみます。

    ldf058.jpg ldf059.jpg
    左・たむたむすーるver.5.03より、ビューワーモードで雲の量を調節することが出来るようになりました。スライダを動かすと空に占める雲の割合が目に見えて増加します。最大にすると青空が完全に隠されてしまい、一面薄曇りの空になります。天候の変化は兼ねてより望んでいたことなので、雷雨や雪などの劇的な変化ではないにしろ嬉しい機能です。右・ゴッドレイの光量を調整出来るようになりました。雲の量をやや多めに設定すると、雲間から挿し込む光が非常に映えます。神々しいイメージや神秘的な感じなど、スクリーンショットを撮る際のシチュエーションにバリエーションが増えました!

    ldf060.jpg ldf061.jpg
    左・たむたむすーるver.5から追加されたグラフィック設定のひとつ、SSAOの効果がver.5.03では調整可能になりました。SSAOは質感が増し、立体感が際立つのでグラフィックに深みが増すのですが、顔にかかる影が濃すぎる場合など、調整機能無しだとイマイチ使い辛い場面もあったのですが、これによって、よりユーザーの好みに合わせた映像を作れるようになりました。右・キャラクターの視線の設定に、従来の“カメラ(カメラに顔を向ける)”、“正面”の他に、“目だけカメラ”、“近くのキャラ”の二つが追加されました。たむたむすーるでスクリーンショットを撮る時などに、是非とも欲しかった機能なので非常に嬉しいです。待ち望んでいたユーザーも多いのではないでしょうか。今回のたむたむすーるのアップデートでは、絵作りに関する機能がかなり強化されました。まだまだ遊べるツールですよ。他にも、アニメ編集時のバグや衣装ペイント時にズレるバグなど、いくつかの目立った不具合が修正されました。

    ldf062.jpg ldf063.jpg
    たむたむすーるらぶデスFINAL! 両方に関わる不具合だった、一部の衣装や髪型の裏地が消失していた問題も無事解決しました。ホント今回の修正グッジョブです。りんねちゃんのサイドテールも優子のスカートの裏地もバッチリです。ただ、残念ながらラバースーツに付いているローターについてはモザイクが付いたままでした。

    ldf064.jpg ldf065.jpg
    らぶデスFINAL! ゲーム本編での大きな不具合だった、一部のかすたむした衣装の形状が初期化されてしまう問題が修正されました。これでやっと心置きなくかすたむキャラでバトルを堪能できますね! そして驚くことに、たむたむすーるだけでなくこちらにも新機能追加です。プレイ中にEscキーを押すとその場で一時停止でき、且つカメラの位置を自在に変えることが出来ます。プレイ中のお気に入りの場面を好きなだけ好きな角度から眺められます。ただし、負荷軽減の為か、プレイヤーキャラクターが向いていない方向でやや遠い位置にいるキャラは、髪と頭部と衣装がすべて省略されて(つまり全裸の胴体のみ)表示される為ちょっと恐いです。環境によって変わるのかは判りません。今までプレイ中には困難だったスクリーンショットも、タイミングや角度を吟味してじっくり撮ることが出来ます。しかしながらパース調整機能は無いので微妙に勿体ない気もします。また、エッチシーンも含め、矢印キー左右で時間の調整も可能になりました。夜中にすれば人気のないローシルトも違和感ないよね!

    ldf066.jpg ldf067.jpg
    ldf068.jpg ldf069.jpg
    エッチシーンでちゃんと顔にも精液がかかるようになりました。新田さん色白なのでちょっと判りにくいかもしれませんが(ただし、場合によってまだ顔にかからない時があるみたいなんですが、条件がよく判りません)。また、一部アニメーションや影の表示も修正されたようです。前回の記事も修正したんですが、キャラの表情による口の動きはたむたむすーる内では小さくなったような気がしたのですが、ゲーム本編内では相変わらず大きく動きすぎて形状が破綻し易いです。

    ldf070.jpg
    フリーHモードの時、ボディタイプによっては攻めキャラの胴体部分に精液が最初から表示されてしまう不具合はどうやら直ってません。たむたむすーる上のすべてのボディバリエーションについて検証してみましたが、ボディAとサキュバスボディ、男ボディ3種を除いたボディで発生する不具合のようです。受けキャラの方も、表示切り替えで一度非表示にして再び表示すると同じ症状が出ます。このあたりの修正と、あとはエッチシーンにおさわりとGスポットと表情/ボイスエディット機能が追加されたら殆ど言うことないんですが。更に欲を言えばキャラの全身のサイズを調整できれば更に良いんですが…りんねちゃんデカ過ぎだし。でもそれだと合体した時に、双方の関節の位置関係などで問題が生じそうですね。

    今回の修正パッチは本当によくやってもらえたと思います。ありがとう!
    スポンサーサイト



    テーマ : エロゲー
    ジャンル : ゲーム

    たむたむすーるver.5.02、らぶデスFINAL!ver.1.02

    昨日(2013年9月6日)、らぶデスFINAL!の2回目のDLCと修正パッチが配布されました。これによってたむたむすーるはver5.02、らぶデスFINAL!はver1.02となり、いくつかの不具合は修正されたみたいです。

    ldf048.jpg ldf049.jpg
    左・2回目の追加衣装です。一番左側の衣装(パッチのREADMEには追加項目に“楓セット”と記載されていますが、実はこの衣装自体は今回のパッチ前からありました)の一部、“ぴよぴよポーチ”はショルダーバッグの紐としてとても使い易そうです(同じ部品はだぶだぶスモックにも含まれています)。今まではわざわざ服の胴体部分を大胆にカットして切り出さなければならなかったので。衣装以外にも、たむたむすーるで使えるヘッドパーツやアイパーツ、ヘアスタイルなども追加されました。初代らぶデスに登場するデザインを含むので、昔ながらのファンの方や、特典でプレイしてみた方には特に嬉しいんじゃないでしょうか。右・ver.5.02からは、以前のようにアクションを切り替える度にキャラが声を出すようになりました。これで大幅に増えた性格を声を確認しながら選べるようになりましたし、口の開閉時の表情のチェック(単に表情を変えた時のチェックという意味ではなく、表情を付けた際に更に台詞によって口パクした時の形状のチェックです)も出来るようになりました。これが無ければ始まらないので、これでキャラかすたむを再開できます。(台詞を喋る時の)口の動き自体はver.4の頃よりも大分おとなしくなっているようで(ver.4の顔かすたむで最も時間を費やされたのは口元の破綻の修正です。)、口元の酷い破綻は少なくなったように感じます。もちろんかすたむ次第でダメな表情はダメですけど。→訂正。たむたむすーる内では確かに口の動きは小さくなったような気がしますが、ゲーム本編(らぶデスFINAL!内)では以前の作品同様、相変わらず大きく口が開きすぎるのでやはり表情による形状の破綻は回避するのが困難です。喋る台詞は短いものが多い(あるいは連続で口パクしないで短い言葉で切れる)のでチェックしづらいです。できればもっと長く喋って欲しい。また、前々回の記事を書いていた時には気づかなかったのですが、髪や衣装の一部裏面が無くなってしまい、裏からみると背景がそのまま映ってしまいます。画像のりんねちゃんのサイドテール(“後ろ髪ポニーベース”)もそうですが、スカートの裏面なんかも目立つので元に戻して欲しいです(追記参照)。

    ldf050.jpg ldf051.jpg
    ビューワーモードで使用できる背景に“研究室”が加わりました。確からぶギアの頃はフリーモードで選べた背景だったんですが、カレマチカノジョの時には何故か無くなっていた気がします。話は変わりますが、SSAOをONにすると顔にも影がかかるんですが、ほっぺに赤みを吹いてあるとやけに強調されちゃいます。使用する場合はグラフィックオプションで色々調整が必要ですね。あと、山原先生のドヤ顔は別に拝みたくありませんよね。ぺっぺっ。

    ldf052.jpg ldf053.jpg
    らぶデスFINAL!ゲーム本編はver.1.02となり、楓ちゃんと愛美ちゃんが追加されました。彼女たちとの対決クエストが新たに加わっています。バトルのバランスとストーリーモードの演出を修正したようなんですが、まだどこが変わったのかはよく判りません。

    ldf054.jpg ldf055.jpg
    かすたむキャラを呼び出した時に靴の形状が初期化されてしまうバグは直ってません。なぜかむろみさんは“ぴよぴよリュック”が初期化しちゃいます。ストーリーモードは一回クエストをクリアしてローシルトに戻ると正常に表示されるようになるんですが、フリーバトルではずっとバグったままです。フリーHではキャラを呼び出した時のページでは表示がおかしいですが、Hモードの画面に切り替わった後は正常に表示されます。直して欲しいなぁコレ。右・フリーHモードでボディC→ボディC以外にもいくつかのボディにおいて、攻め手側の身体に最初から(かかってないのに)精液が表示されてしまうバグも直ってません。受けを一度非表示にしてまた表示させても同じようになっちゃいます。Hの時の台詞は、なんかエロい感じのが増えたような気がします。いちゃいちゃとハードの違いがはっきり判るようになったかもしれませんが、具体的にどの台詞が増えたのかは判んないです。

    ~9/11追記~
    ldf056.jpg ldf057.jpg
    上でも触れましたが、一部髪型と衣装の裏地が表示されなくなっています。左の画像の優子のスカートもそうです(元の装備は“チェックスカート”ですが、スカート以外の部分もすべて裏地が消失してしまっています)。衣装かすたむにもかなり支障があるので困りモノです。右・前々々回の記事にも少し書きましたが、たむたむすーるver.5からは、ラバースーツのローター部分(何故か太もものローターホルダーのベルトにまで)にモザイクがかかっています(信奈の瓢箪部分)。股間周辺に位置するからといって、なにもその位置で使用するために衣装かすたむするとは限りません。下半身に追随するこのローター部分は腰のちょっとした備品を再現する際に非常に使い勝手の良いパーツです。このような余計な使用変更を施されてしまうのはたむたむすーるの折角の自由度満点なカスタマイズ機能を著しく低下させてしまうので、できれば元に戻して欲しいところです。まだバグもいくつか残っているので、今後も修正パッチが配布されるのかどうかも非常に気になります。

    テーマ : エロゲー
    ジャンル : ゲーム

    らぶデス(初代)をプレイしてみた

    らぶデスFINAL!」には、本体DVDロムの他に、特典として歴代らぶデスのサントラディスク(+たむぞーんキャラデータ1000体)と、初代「らぶデス」が丸々1本付いてきます。実質1本分の価格でソフトが2本入ってるのでお買い得でした。BUSTERK!はTEATIMEを「放課後かすたむ☆たいむ」で初めて知ったビギナーで、当然未プレイなので早速やってみました。モノは古いソフトなので、今更記事に書くのもなんですが、想像していたより遥かに良い作品だったので。

    ld1-000.jpg ld1-001.jpg
    ちょ!? なにこれ可愛くないですか? 初代らぶデスは8年も前のソフトなので、正直なところ本当にオマケ程度にしか考えていませんでした。しかし実際に起動してみると当時既にこれ程の水準に達していたということを知り、驚愕しました。今現在の3Dモデルよりポリゴン数が少なく、角度によっておかしかったりポーズによっては形状が破綻したりはしますが、“キメ”角度からの見映えをバッチリ考慮してあり、しかも止め絵ではなく常に動いている為に生き生きとしていて、とても可愛いです。オープニングもアニメ番組の様にアイキャッチがしっかり作り込まれていてスゴイです(OPもEDもちゃんと歌入りです)。また、ジャンル自体もアクション主体のらぶデスFINAL!とは異なり、アドベンチャーゲーム(今で言うところのビジュアルノベル?)でした。

    ld1-002.jpg ld1-003.jpg
    放課後かすたむ☆たいむ以降の主要キャラは大体2~3人だったので、この作品も3Dモデルを使う以上はそんなに人数はいないのかと思いきや、けっこう何人も出てきて、主人公の友達の男の子までちゃんとモデリングされていて驚きました。それにテキスト量も最近の作品と比べ物にならないくらい膨大で(そもそもジャンルが違いますが)、お話もきちんと書き込まれており、本文中に出てくる小物などのモデルも作られていて、こんなことを言ってはなんなんですが、こんなちゃんとした作品を作れていた時代もあったメーカーなんだなぁと、ある意味、時代の厳しさと社会構造の歪さを再認識させられざるを得ません。最近の作品は、1ユーザーの目にはお世辞にも完成されているとは思い難いモノばかりだったので。残念ながら、全然出来が違います。

    ld1-004.jpg ld1-005.jpg
    らぶデスのストーリーは、最初はコメディ色の濃いバカゲーかと思いきや、実はシリアスなお話で、BUSTERK!はこういうお話には滅法弱いので素直に感動してしまいました(まだ一周しかプレイしてませんが)。だんだん先が読めるように思わせぶりな描写が多いのもある意味親切で良いです。個人的には大変素晴らしい作品だと思いました。エッチシーンはまだ一部しか見れてませんが、遊具を使ったりとか凝ったことが行われており、体位の変更にも動きがあったりして、こちらも良く出来ていました。今見ても充分エロく感じます。また、BGMがとても素晴らしく、ちょっとウィザードリィっぽい曲とかもあってお気に入りです。テキスト中のネタも世代的に判り易くて面白かったです。こういう(特典のような)ことが無い限り、古い作品に触れる機会はそうそう無いと思うので、今回こうしてプレイ出来たことはありがたいです。また、たむたむすーるの装備品の一部のルーツを知ることが出来たのも嬉しいです。

    ~9/10追記~
    ld1-006.jpg
    全ルートクリアしてみました。BUSTERK!はこの手のアドベンチャーゲーム? をほとんどやったことが無い(非エロ版Fate/stay nightくらい)のですが、けっこうプレイ時間を要するので大変でした(被ってないテキストは一通り目を通したかったので)。どのヒロインも非常に魅力的で、メイン3人のシナリオはどれも涙腺クラッシャーで素晴らしかったです。エロゲってこういう感じのものも多いんでしょうか。噂に聞いた程度だったので衝撃的でした。エッチシーンが無くても問題無く成り立ちそうです。その一方で、らぶデスのエッチシーンはかなり面白いことになってました。個人的に最萌えだったのは委員長ですが、一番可愛かったのは真帆ちゃんです。猫系好きの自分が犬系ヒロインにここまで萌やされることはそうそうありません。なにやら世界観設定もあって、とても面白かったです。ちなみに顔が好みなのは文緒先輩です。

    テーマ : エロゲー
    ジャンル : ゲーム

    らぶデスFINAL!の本編プレイ開始。(らぶデスFINAL!)

    さて、前回の記事で最新版のたむたむすーるver.5について触れたので、今回は「らぶデスFINAL!」のゲーム本編をちょこっとだけ紹介してみます。

    ldf028.jpg ldf019.jpg
    “スタート”から始めると、“タイプ”から“メイン”と“カスタム”を選ぶことができます。メインはらぶデスFINAL!の主人公である「エイル」と「ロタ」の2人のストーリーを追うシナリオになります。説明書には特定のクエストクリアでキャラが増えるようなことが書いてありますが、一通りクリアした段階では増えていません。状況を箇条書きした感じでテキスト量は少なく、すぐにエンディングまで辿り付けると思います(それぞれたった4クエストだけ)。カスタムでは、自分でたむたむすーるでカスタムしたキャラやタムゾーンからダウンロードした(たむたむすーる内に保存した)キャラを使うことができます。データの表示数が過去作品と比べかなり増えたので選択し易いです。ただし、ver.1.01現在ではかすたむしたキャラを読み込むと靴装備の形状がかすたむ前の初期状態に戻ってしまうバグが発生しています。でもゲームを始めてクエストを一回クリアしてローシルトに戻ると正常に表示されるようになりました(一度タイトルに戻るとまた再発します)。また、クエスト失敗後にエッチシーンを挟むと靴装備以外の部位の装備の形状も初期化してしまうことがありました。あと、MQOファイルを読み込んだ武器の透明度を上げた(透きとおった)部分がキャラの動きによってびょんびょん伸びてしまうんですが、環境固有のバグかどうかは判りません。→メタセコ上で透明な部分をすべて不透明にしたら直りました。それと、説明書にある“カスタムキャラ専用の依頼”というのが何のことだか今のところ判りません。右・剣士エイル。何故か説明書の設定よりもかなり貧乳になっています。ゲームを始めると「ローシルト」の村に降り立ちます。なんと人っ子一人いない! 主人公が行動を開始した時点で村は既にほぼ壊滅状態というところでしょうか。ランダムで数人たむたむすーるから自動的にデータを読み込んで適当に歩き廻ってたら面白いんだけど。

    ldf018.jpg ldf020.jpg
    左・魔導士ロタ。新キャラの顔は既存のキャラの使いまわしですが、2人ともバランスの良いデザインでとても可愛く、衣装の出来も良いです。背景は過去の作品と比べてグっと綺麗になりました。遠くの景色も美しいです。どこまでも歩いて行けたらいいんですが、残念ながらローシルトから直接歩いて出ることは出来ません。右・ピンクの筒状の光に入るとテキストが表示されます。手前がクエストを受ける場所で、奥のが武器屋です。ローシルト内の建物に入ることはできません。

    ldf021.jpg ldf022.jpg
    左・お買い物シーン。武器を買うためのお金はクエスト達成でもらうことができます。一度購入した武器はお店には表示されなくなります。売却は出来ません。* そんなものには きょうみがありません * また、たむたむすーるの衣装かすたむでカスタムした武器(手持ち装備)をicpファイルとして個別にセーブしてある場合は最初から所持していて、いつでも装備できます。右・買った武器は左右どちらの手にも装備できます。しかも、実は一つ買えば両手に同時に装備させることも可能です。装備を外すと(素手だと)攻撃できなくなってしまいます。パンチとかキックとかは出ません。また、所持金とアイテムは全キャラ共有です。

    ldf043.jpg ldf027.jpg
    左・魔法は最初から全部持っているので装備させるだけでいいです(3つまで)。モノによって威力は違いますが、実はレベルが低いうちは剣や刀などの近接武器はかなり弱いので、レベルが上がるか強力な遠隔武器を買えるようになるまでは魔法メインで戦う方が楽チンです。“ロングレーザー”、“ホーミングレーザー”はかなり強力です。Hit数を稼ぎたい場合はフレイムやアイスがいっぱい当たり易いです。あんまりHit数を稼ぐ意味は無さそうですけど。右・クエストを選んで戦いに挑みます。報酬額も表示されています。受諾すると即、戦場に降り立ちます。

    ldf029.jpg ldf030.jpg
    バトル開始! 敵をロックオンするとカメラの向きが限定されてしまうので、画像では敢えて外しています。基本的にどのステージも次々と現れるモンスターを斃して全滅させるだけです。ただ、敵の数がかなり多いので(種類は少ない)、ダメージの小さい剣などで戦うのはかなり骨が折れます。最初の(レベルが低い)うちは魔法で戦うのが個人的にはオススメです。MPもすぐに回復するし。お金を溜めて強力な火器を購入し、大勢の敵を一気に粉砕するのは爽快です。左下のPt(スコア)は与ダメで増えて被ダメで減ります。また、ダッシュ(コンフィグからトグルにした方が楽です)、前後左右ステップ、空中2段ジャンプなど、キャラの動きもわりと凝っています。攻撃アニメーションのパターンもそこそこ多いし。一方、まじめにゲームをする気があんまりない時は、(体感的には)おそらく最高の威力と恐ろしいほど広い攻撃範囲を持った(しかも安い)、“ビームうめいぼー”で一網打尽に出来ます。これ1本ですぐにクリアできます。ただし、一旦囲まれてしまうと連続でダメージを受け続けてなかなか硬直が解けずに抜け出せず、やられちゃう場合もあります。あと、ダメージを受けていくとだんだん衣装が少なくなっていき、最終的には全裸になっちゃいます。エイルとロタの衣装にはダメージ表現があり、布がボロボロになっていく様子が表わされます。そういえばクエストクリア時のダンスがすごく可愛いです。

    ldf031.jpg ldf032.jpg
    ldf033.jpg ldf034.jpg
    戦いに負けるとゲームオーバーとなり、モンスターに犯されてしまいます(衣装は戻る)! 相手にするモンスターによって選べる体位が変わります。実はBUSTERK!は難易度“普通”で始めて順調に強力な武器を購入してクリアしていった為、メインシナリオでは一度もモンスターに斃されず、エッチシーンが最後にしかありませんでした。でも操作していること自体がけっこう楽しいのでまったく問題ありませんでした。エッチシーンについては、前作まであった視線の変更ができなくなっていたり、D-コントロール上のGスポットが無くなっていたり(当然潮吹きも無い)、また、パースの調整やポーズの変更(間接の操作)、おさわりなども出来なくなっていて、かなりの点がグレードダウンしているようです。更に、表情エディター(ならびにボイスエディター)もオミットされてしまった為、スクリーンショットを非常に撮り辛くなってしまいました。う~ん。ただ、新しく追加された体位、“首輪責め”はなかなかイかすSMプレイだと思います。操作系も変更され、着替えはとてもさせ易くなりました。一人称視点はなかなか迫力があって良いのですが、体位や位置によってはカメラの位置がしっくりこない時があるのが残念です(カメラの移動範囲が狭すぎる)。あとなんか精液が前みたいに顔にかからない?

    ldf025.jpg ldf026.jpg
    メインシナリオの他にも、過去のらぶデスシリーズのヒロインたちと対決するクエストがあります。BUSTERK!はらぶデスシリーズをやったことがないので(初代らぶデスはらぶデスFINAL!に附属しているのでそのうちやってみます)、キャラの台詞の意味はよく分からないのですが、BGMの良さも相まってとても熱い雰囲気が出ていて良いです。また、テキストの無いクエストとして、“Chapter1~10”があり、多彩な編成でモンスターが襲いかかってきます。Chapter8のリングのステージでは完全に敵に取り囲まれてしまってフルボッコにされました。一斉に敵をアクティブにしてしまうと大変です。

    ldf035.jpg ldf036.jpg
    フリーバトルではステージとキャラを選択して5人まで同時対戦できます(対CPU戦のみ)。CPUの強さはそれぞれ別々に設定できますが、超簡単以外は強すぎてBUSTERK!では歯が立ちませんでした。当然のことながら、男キャラでも容赦なく服が破れていって最終的には全裸になります。手に何も持っていない状態のキャラは自動的に両手に長剣を装備するみたいです。また、現バージョン(ver.1.01)では、やはりここでも靴の形状が初期化されてしまいます。

    ldf037.jpg ldf038.jpg
    フリーHモードではキャラと同時に衣装もその場で選択できるようになっています。相手にゲーム本編に登場するモンスターを選択することもできます(サキュバスだけはキャラと同列にいます)。また、シチュエーションは“いちゃいちゃ”と“ハード”から選択できますが、BGMとエッチ中の台詞の傾向? が変化するようです。尚、繰り返しになりますが、ver.1.01においてはゲーム本編の“カスタム”で読み込んだ時と同じように、かすたむしたキャラの靴装備の形状が初期状態に戻って表示されるバグがあります。あと、何故か攻め手側のボディに最初から付着した精液が表示されてしまいます(ボディC他いくつかのボディで生じます。 個別切替で受けを一度非表示にして再び表示させると受け手側も同じ様になります)。色んな不具合がありますが、どこまで修正してもらえるのか不安が残ります。

    ldf039.jpg ldf040.jpg
    左・すべてのChapterをクリアすると表示されるメッセージです。エンドクレジットとかはありませんでした。右下はレベル99時のステータスです。敵をやっつけてるとレベルがガンガン上がっていくので気持ちいいです。ただし、こちらが強くなると敵にやられにくくなるので、エッチシーンになかなか入れなくなっちゃいます(修練場だけは自分に合わせて敵のレベルも上がるのですぐに負けられます)。右・新しい背景の“室内”はいい雰囲気です。この2人が直接絡むことはありませんでした。共闘とかして欲しかったな。

    ldf041.jpg ldf042.jpg
    最後はフリーモードの5Pでエイルさんを総攻め。グラフィックの質感が大分よくなりましたね!

    総じて、らぶデスFINAL!はこれまでのたむたむすーる系作品よりも格段に操作感が良く、自分のかすたむしたキャラを動かしているだけでもかなりの満足感があります。ムーディなBGMも良いです。また、ゲームの動作も自分の環境下ではかなり軽くなったように感じます。ゲーム内容は単調ですが、“たむたむすーるで作ったキャラで遊べる”という基本的な仕組みを初めて体現できた作品だと思います。惜しむらくは、もしたむたむすーる系の作品が今後も続くとしたら、おそらくその雛型になったであろう本作品が、もうこれで最期の作品になってしまったということです。らぶデスFINAL!のシステムを骨格に、各ステータスや武器のパラメータの調整、防具やアイテムの追加、敵のバリエーションやアニメーションの増加、ネットワーク対戦機能やシナリオの充実などを図れば、かなり面白そうなものができたんじゃないかなと思わずにはいられないのです。でも買って良かったです。今までのたむたむすーる系作品で一番です。ありがとうTEATIME。

    9/4 補足追記。

    ldf044.jpg ldf045.jpg
    左・色んな装備を試してみるまで気づかなかったのですが、両手持ち用にデザインされた大型の剣や斧などを片手だけに装備してもう片方の手に何も装備しない状態だとちゃんと両手で持ちます。この状態でのダッシュアタックは突きとなり、槍状の武器などを持たせた時に非常に見映えがしそうです。“チャクラム”についてのみ、片手にだけ装備した場合は左右のマウスボタンで近接攻撃と投擲攻撃を使い分けることができます。投擲はなかなか当たりませんが。右・また、銃の場合は片方の手に何も装備しない状態だと、敵をロックオンをしていない時に限り、空いている方のマウスボタンを押すことによって一人称視点に近い状態になり(後頭部が少し映る)より照準を合わせ易くなります。FPSに近い操作感ですね。また、武器屋で購入できる、たむたむすーるからのMQOファイル読み込みで登録したオリジナル武器(フリーバトルに於ける、予め装備させてあるオリジナル武器とは挙動が違うようです)については、オリジナル剣1、2が片手剣、3が両手剣、オリジナル銃1が10555ブラスター、2が安全モデルガンM16、3がアサルトライフルと見た感じ同じ性能っぽいですがきちんと検証した訳ではないので違う可能性もあります。

    ldf046.jpg ldf047.jpg
    レベル99時のステータス比較。意外にも、エイルとロタとかすたむキャラで最終的なステータスに差が出ました。かすたむキャラ同士でも違いが出るみたいです。たむたむすーるでのパラメータが関係あるのかどうかは判りません。ゲーム的にはほとんど関係ない差でしかありませんけど。右はたまたまカッコよく撮れた記念。もうけっこうプレイしましたが、かすたむしたキャラを適当に動かしてるだけでも楽しいです。徐々に服が剥かれていくのも素晴らしい。

    テーマ : エロゲー
    ジャンル : ゲーム

    御来場人数
    注意事項
    ぷらいべったー
    かすたむデータはこちら
    【リスト登録者様用】
    たむたむすーる系リンク
    たむたむりんく
    ~たむたむすーるの仲魔たち~

    ★ たむたむすーるで
      すねわかすーる

    すねわか様


    はづき様

    ★ よねぞん
    よねすけ様



    一誠様

    ★ すーる な日常
    ミスマ様

    ★ たむたむふぁくとりぃ
    Alucard様


    ↑うちのバナー
    カテゴリ
    ブログ内検索
    ついったー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    登録サイト様

    プロフィール

    BUSTERK!

    Author:BUSTERK!
           (ばすたーく!)↑代理
    NO FUTURE なワープア。
    vmf50(ドール)所持。
    裸とおたく絵とアニメソングが
    大好き。エレキギター初心者。
    HENTAI

    ☆リンク大歓迎です!☆
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ